片頭痛の場合、どうすればいいですか?

頭痛はよく見られる病気ですが、中でも多いのは片頭痛と呼ばれるタイプの頭痛です。日本人の約8%が片頭痛に悩まされているというデータもあり、男性よりも女性に多くみ見られるようです。

片頭痛が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。片頭痛とも言われるように、頭の片側だけ痛みがあるものから、両側や後頭部、頭全体にも痛みを生じることがあります。光や音、ニオイにも敏感になり、吐き気やおう吐を伴う場合もあります。

片頭痛の治療は、薬物療法が中心となります。なお、医師のリードによる丁寧な問診、正確な診断がなされた後、適切な薬剤を選択します。片頭痛発作期の特異的な治療薬として,いずれのトリプタンも有効です。トリプタン製剤は、現在多くの欧米諸国において、最も処方頻度の高いです。片頭痛治療薬をシアリスと併用したい場合はぜひお医者さんと相談してください。現在、日本で使用できるトリプタン系薬剤は5種類で、その剤形には、錠剤、口腔内速溶、崩壊錠、点鼻薬、注射薬があります。自分の頭痛のタイプやライフスタイルに合った剤形を、医師と相談してみるとよいでしょう。

そのほかにも、カフェイン配合薬エルゴタミン製剤も推薦します。エルゴタミン製剤は、血管を収縮させる作用があり、脳の血管の拡張を防ぐことによって痛みを抑えます。ただし、効果がなかった場合に、エルゴタミン製剤を服用してから24時間以内にトリプタン系薬剤を使用することができないので注意しましょう。原則として、成人の1日の最大服用量は6錠、1週間の最大服用量は10錠を超えないことを知っておきます。