コーヒーの頭痛これらの事はあなたはいくら知って

国際コーヒー組織統計によると、世界で毎年消費するコーヒーは4000億カップ、1秒間、世界には1万杯コーヒーが飲み、コーヒーは水に次ぐ世界第二大飲み物となっている.アジアの茶文化国家にもコーヒーも人気がある、日本は世界第二大コーヒー消費国になっている.今、私の国でコーヒーを飲む人もだんだん多くなって、都会からたくさんのコーヒー屋はデパートの棚に並ぶ各種のコーヒーのブランドで、このような成り行きが見えることができます.でも、コーヒーと現代人の健康の一番新しい研究が進んでいる、どのくらい知っていますか.コーヒーには肝臓がんリスク、というのが2005年、日本の研究成果が世界的に注目されている.日本研究者は9万人以上にリサーチし、過去の10年中、コーヒーよりもコーヒーを飲まない人に肝臓がんの確率が少なくなったとされている.調査は、毎日1~2杯のコーヒーを飲むと、肝臓に保護作用がある、3~4杯コーヒー、保護作用が増強さ.2007年6月に海外メディア報道,スウェーデンの最新研究では、毎日2杯のコーヒーを飲んで、肝臓がんリスク低下に罹っ、結果と日本の研究結果が似ているということです.それだけでなく、スウェーデンの研究によると、コーヒーに含まれる大量の抗酸化剤、例えばクロロゲン酸で、対抗酸化ストレスを防ぐために、発ガン物質形成し、動物実験で確認され、コーヒーとクロロゲン酸が抑制作用.わずかにヶ月ぶり、2007年はち月、国内メディア上戸「コーヒーを飲む肝臓がんリスクを下げることができてか』の記事によると、イタリア科学者は近日完成の研究では、コーヒーを飲むとコーヒーを飲まない者より、肝臓がん罹患する可能性は低い41%.この研究は発見、よくコーヒーを飲むと他の肝臓疾病リスク低下に関連していると発見している.3つの国家、異なった相手、異なった対象、異なった時間、研究の結果はまた似て似ている.これは偶然ではなく,非常に重要なヒントに、コーヒー飲料は、肝臓がん予防予防に新しい方法を提供しています.コーヒー、確かに現代人には新鮮な感じがする!コーヒーと女性のガン、コーヒーと子宮体の癌2008年、日本発表のニュース、コーヒーは子宮体癌の発症リスクを下げることができます.これは、日本厚生省(国衛生部)指導の研究課題です.研究者は、40歳~69歳女性の追跡で15年、結果発見、毎日3杯以上のコーヒーの女性は子宮体癌の確率で毎週2杯のコーヒーの女性が60 %低減するとみられている.ゆがんだ釜にゆがんだ甑、2009年よんしよ月、アメリカ科学者が発表した研究結果に同様によると、毎日コーヒーを飲むよんしよ杯以上者,
市販 媚薬,頭痛、子宮体癌のリスクはコーヒーを飲まない者は約50%と低い、日本の科学者の研究結果に似ている.コーヒーは乳癌と近年の複数の研究し発見して、乳癌と発症関連の遺伝子がBRCA-1やBRCA-2など.研究によると、BRCA-1遺伝子の突然変異の女性はごじゅう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です