塔もの頭痛のけ姫山記

作文網が無断転載特別大変

野芳发で香り、佳木ショーで繁陰.辛酸高潔、露石出水.それは冬の景色は依然としてこのよう塔山の派手な、懐かしい.木枯らしの中で、劲挺の白岩松を白と緑の鎧、冷たい固体はめ込まれて地面に、草のように覆われていた土地は.間違って縦を数巨石とその美しい日光をこの冬の山に輝いて、違う.

塔山の位置は遼寧省阜新市塔子溝、斗折蛇行、明滅明らかに、林壑優美.今度の冬休みの間、私はその美しい風光を味わった.

に登っ塔山、道は極して、地上氷氷を敷き詰めて、非常に奇妙で、まるで剛結成の氷のようで、流れ、ふもとへ流れ、草むら.引き続き山頂に登って、靑い空に雲はひとつもない、足元の氷のように輝く空、屈折は目の中で、本当にに時刻、一碧万顷!松は道の両側には、岩から生え.木の下で、緑草を太陽に細かい松葉、様々のような写像芝生を眺めて、深いショーの鬱然.

転機が訪れる、もののけ姫、存在、山水麗色、眼下に、この楽何极!登山しながら賞景、無味乾燥の一歩一歩山登りに楽しみながら、山水のそうの心.

長い山道を見て、やっと山頂.転機が訪れる、亭翼然臨は石には、ピーク.頂上から下を望むと、また別の1種の格調:山に囲まれて、青树翠つる、蒙経絡揺れ綴、まちまちに揺れ動く.山下からその本の曲がりくねった小道、また山全体を見渡す景色;一面力強い松、目を向けまた至る所の岩の木からポロポロと靑い空、目を向けまた果てない空…果てしないこの美しい景色を鑑賞した後、私たちが向かった下山道.私たちはわざと選択を別の本当の山の小道.この時、夕暮れ、松染まって黄色、氷は夕日に照らされてキラキラ.行きはよいよい帰りは怖い、下山の路冰見えず、土の下に埋めてので、気をつけないと滑って,av サイト 前立腺.一枚しか踏ま石は慎重に下を向いて歩いて、私が転んで何度.思い出して山の道、私はないステンと転んだ.これはまるで人生の2道ですか氷のような困難と挫折の明らかな氷あなたとても警戒して、土の下の氷あなたは見つけることができません;あなたの誇りに隠れて困難はいつもあなたの足元に、あなたは慎重にしなければならない道を歩いて、あなたは石は、あなたのような学識、見識と経験……これらはやっとあなたの困難を克服するの利器!

は知らず知らずのうちに、もうふもとの下で、名殘惜しそうにに踏み出した帰り道.あの塔山風景や、氷と石は私の長い間忘れてはならない……

 

       ;;;遼寧省大連甘井子区金家街第二小学校の六学年:焦駿馬然

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です