学会の頭痛彼岸過迄太宰治協力

が人と神討論天国と地獄の問題.神様はさあ!私はあなたに何を見て地獄.

彼らの部屋に入って.1群の人を囲んで鍋の肉のスープ、しかしすべての人の顔に見えるが、ガリガリに痩せた.彼らはすべての人はすべて1匹の届く鍋の中のおたまおたまの柄が、彼らの腕よりも長く、自分を口にできない汤送.肉汁が飲めない腹 レトビラ偽物.しかをスープため息をつく、しょうがない.

さあ!私は更にあなたを見て天国.神はその人を別の部屋へ案内して.ここのすべてはさっきあの部屋と変わらない、鍋の湯、1群の人、のような長い柄おたまが、みんなのせいワイドボディ太って楽しく歌っている幸せ.

なぜですか?この人は不思議になぜ、地獄の人は飲まないと肉のスープ、天国の人は飲むことができますか?」

神は言っています:“とても簡単で、ここで、彼らはいずれもねぇ人.」

物語は復雑ではないが、含まれている深刻な社会哲学と強烈な警告意味.

と同じ条件で、同様の設備、なぜいくつかの人はそれを天国になって他の人が経営になった地獄か?肝心な点が、あなたは幸せなのかを共同する利益.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です