新神櫻頭痛井孝宏女伝説

そういえば巫山神女(瑶姬助け大禹治水)、後は力斩蛟竜、結局、愛して何時に三峡、石は、今でも巫峡岸辺に立って、日夜見張りが江流、三峡ダムと共にすばらしい景観.実は、神女帰らないまた別の1段の美しい物語.

瑶姬本は西王母の第二十三人の娘が、彼女は聡明で、綺麗で、活発で、頭痛、善良で、すべての彼女を見る神仙がこの娘の身の気質に魅.したがって、衆姉妹の中で彼女の深く父の皇皇後の偏愛.彼女は十八歳、父の皇皇後は彼女と西海竜王の四王子婚約.瑶姬嫌いこの縁談は、実は彼女は前からあった人に心.しかし彼女は彼女のやさしさに困惑させるという人に心も、ただ夢の中に現れた俊朗男子、彼らは夢の中で約束してるとして、櫻井孝宏、手を繋いで話す于霞海花々雲荒径ながら歩いて、終わらない楽しい甘い、道きれない幸せ仲むつまじい.しかしいつも彼女と聞いてみたらどこから来て、名前はなんという時、夢は突然目が覚めて.暗くなるまでは、再び眠る君と出会い.この夢のため、彼女を味わった未曾有の楽しみと悲しみ;この夢はもう一人の男が彼女の心に入ることができる.そんな夢を、ねじれて彼女の多くの年で、彼女は永遠でも夢の中で目が覚めたくなくて.

でも、夢はあくまでも夢、目が覚めた後は現実に直面して、彼女の現実に直面したくない.

この日の朝、彼女は2年後の婚期退屈ので、外に出ると.その時、彼女は来南天門、そよ風にわたって、霞の鮮やかされ、彼女は一時忘れた心を悩ます.霞の中流でさえないにもかかわらず、君にも、夢の中の美しい景色を回想して、よく考えて、思わずこの五色の雲に浸って.意外にも気をつけないとぶつかった散雲の帰りの彩雲仙人.彩雲仙人はとっくに聞いた気質の非凡な瑶姬、今日そして、知らず知らずのうちになって瑶姬の親友で、二人は一緒に楽しいおしゃべり.彩雲仙人が彼女を通りすがりのはそんなに多くて美しい景色を紹介した瑶姬人間.彼女は聞いて見入って、彼女はこれまで知らないて、またそうな綺麗な人間.一枚一枚の美しい絵で彼女の目を展開、そして、強い好奇心と心はもう逃げてもいられなくなり、彼女/彩雲仙人、ひそかに出た南天門へ飛んでいく人間.

彼女に靑い鳥世の中に来て、人間の景緻に驚いた.花鳥草虫、山水、イライラしがち鱼石、朝露晩霜暗くて、辛酸雪の雨……世の中すべて彼女が好きになっても.もとは、天以外にもこんな人恍惚の世の中の仙境.彼女を楽しむ人間雨露に病浮世辛酸.

この日が来糠味噌に(つまり今日の奉节、巫山の地)を見て、山々が連なり、衆峰山頂そろって;雲がかかって霞の飄々と、山間百花は美を競って、百鳥朝鸣;山下縄手交通、肥沃な田畑万頃.いいいい一枚の太平の世、世の中の仙境.

瑶姬ここれたユウジ山川、美しい景色、素樸な民俗深く揺さぶっ、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です