機転の頭痛牧童

山条狼、凶暴では貪欲で、よくかみ殺し村の羊、人々がそれについてどうすることもなく、自分を囲んでしか家のヒツジ小屋は高く.

二つの小さな牧童決意を除くこの悪人.彼らは山で見つけたオオカミ隠し.オオカミをうちに外出の時、彼らにこっそり触ら穴に二匹の小狼の子を抱いて.穴の近くで狼を2本十歩離れ遠くの木、1人が抱いて首を小狼の木に登る.

ひとしきりなど、オオカミが餌を求めて.洞窟の中に発見に戻って、狼の赤ちゃんはなくなって、あたふたと穴をあちこちわき見を飛び出す.

そのとき、牧童さんざん捩れる小狼の耳に、小狼ほえるほえる絶叫.オオカミを見て聞こえ、自分の子供が木の上で、すぐに怒鸣ると、待ってそれはもう飛び込ん木の下で、足は立ち上がって、登ってつかめ.そのと焦るとき、ふと見るともう一つ牧童は懐の小狼を握ってひいひい野次る、ローカミは狂気一般こっちに向かってくる、木の下でまた撲踊り.あちらの小狼となり、またあそこへ行く撲ローカミ.ローカミ二木の間に呼び叫ぶ甲高い、あちこち走り回る、やまない時 早漏に効く薬.

だんだん、ローカミ走れば走るほど遅くて、声もますます弱く.それに登っていて、もがいているの、最後の頭突きで、起きられない.牧童などひとしきり、溜の下で木をつまんで見て、は、すでに息を引き取った狼.

【哲理啓示】:

敵味方の強弱を時々見知恵が上手かどうかさえすれば、強者の弱点をつかむように促すことができて、矛盾朝裏転化、小さく弱い大、反強.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です