頭痛について|頭痛の治し方

こめかみ部分の動脈や脳の血管が拡がり、血流が増すと、その周辺の神経が刺激されて起こる頭痛のことをいいます。体を動かすと痛みが激しくなり、仕事や家事など生活に支障をきたす頭痛です。

頭痛には三つの種類がありますが、それぞれの原因で頭痛が起きているので、治し方もそれぞれ違います。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は首や肩の筋肉が緊張してしまうことで起こる頭痛のことです。なにかしらの理由で身体的・精神的なストレスがかかり血流が悪くなると、酸素や栄養が行きわたらず首や肩の筋肉が緊張します。

群発型頭痛

群発型頭痛は目の後ろを通る血管が拡張してしまうことで起こる頭痛のことです。なにかしらの理由で目の奥にある内頸動脈という脳に栄養を送るための太い血管が拡張し炎症が起こり、群発型頭痛が発生するとされています。

片頭痛

片頭痛は頭部の血管が膨張し血流が増加することで起こる頭痛のことです。なにかしらの理由で頭骨の血管が広がり三叉神経が圧迫され刺激を受けると、痛みを引き起こす炎症物質が放出され、血管の周りに炎症が起こり、片頭痛が発生するとされています。

緊張型頭痛の治し方

身体的ストレスや精神的ストレスが原因とされる緊張型頭痛は、長時間の不自然な姿勢による筋肉や神経の緊張、精神的ストレスによる筋肉の緊張など症状が悪化します。治し方は温めて血行を促進する、ビタミンEを摂る、適度な運動をするなどです。

偏頭痛の治し方

頭骨内の血管が拡張し炎症が起きることや自律神経の乱れが原因と考えられている偏頭痛は疲労、ストレス、睡眠不足、気温の変化など症状が悪化します。早く治すには、自律神経の乱れを整えること、膨張した血管を収縮させることが大切になります。

群発頭痛の治し方

目の後ろを通る血管が拡張し炎症が起きることが原因と考えられている群発頭痛はアルコール、タバコ、気圧の変化など症状が悪化します。群発性頭痛の主な治療法は、薬物療法と純酸素吸入法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です