頭痛の原因と種類について

ストレスや疲労で、時々起こる頭痛に悩まされている方は多いかもしれません。しかし、「頭が痛い」と言っても、いろいろな痛み方があり、痛くなる頻度や伴う症状も色々あります。

実は頭痛は、その原因によっていくつかの種類があります。首や肩や頭の筋肉が緊張することによって起きる緊張性頭痛、頭の中の血管の拡張によって起こる片頭痛、目に後ろにある動脈が拡張して起こる群発性頭痛などがあるようです。

また、頭痛の中にも命の危険伴うものと、そうでないものがあります。この記事では、いろいろな頭痛の症状を理解して頭痛の種類を見分け、頭痛を解消する方法をご紹介します。
1.睡眠不足

頭痛は、睡眠時間や睡眠の質と深い関係があると言われています。例えば片頭痛は、睡眠不足によっても、睡眠のとりすぎによっても起こるようです。また、緊張型頭痛も、睡眠不足で頭痛の症状を悪化させると言われています。

群発頭痛では、頭痛の発作によって睡眠を妨げるようです。また、睡眠時無呼吸性頭痛やいびきのある人は、睡眠時に無呼吸状態が起こり、酸素不足によって起床時に頭痛を起こすと言われています。ですから、頭痛の原因が睡眠障害から来ているということは、よくあるようです。
2.気候の変化

気温や気圧、湿度の変化によって起こる病気のことを「気象病」や「お天気病」と言います。実は、頭痛を気象病としてとらえるドクターもいるようです。気圧 や気温・湿度の変化は、自律神経や血管血流に影響を与え片頭痛を誘発したり、梅雨や台風の時期には、筋肉の疲労物資の蓄積を増やし肩こりや頭痛を誘発する と言われています。確かに、冬の寒い日や、雨の降る前に頭が痛くなる、という人は多いようですね。
3.生理痛

女性の生理周期に関係した頭痛もあるようです。生理周期は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの増減によって周期が繰り返されますが、生理直前のエストロゲンの量が急激に低下する時期に頭が痛くなると言われています。

エ ストロゲンの低下はセロトニンという脳内物質の低下と関連して頭痛を起こすようです。しかし、ある統計では、5割以上の女性が生理周期と頭痛の関連に気が 付いていないということが明らかになったようです。たまに頭痛があるという女性の方は、一度意識して確認してみてください。