駅伝の頭痛技巧競歩の注意事項

競歩競歩は、多くの人に好きな運動を受けて.競歩は、極めて単純なスポーツ運動として見える.しかし、どのように競歩が速く,より速く、より良い効果を、テクニックの.では競歩はどんなテクニックがありますか?競歩はどれらの注意事項がありますか?一緒に見ましょうか.

競歩の技巧

競歩p> <いち、競歩步速.リズムは速くなり、熱量の消耗も大きいが、これは歩幅にはならないという意味ではない.逆に、最良の方法は步速競歩を高め、縮小歩幅.

2,歩き方、皮膚と皮膚の摩擦の機会はもっと多く、ダメージの程度はもっと大きい.だから競歩衣装を選択する時、寛大な綿のTシャツとズボンの才は第一に選んだ.

3、両腕と呼吸は、合わせて.競歩時から腕を振って腕をが約90°、リズミカルに突きつける股後、上へはようと肩と高い;行く時、杖をつく反発力を利用して身体を前へ.延納呼吸、大股大股急速前進.運動後の表現は汗をかいて、体を温めて、迅速に减脂状態.

4、1足の良い競歩靴、1足の通気性の良い綿の運動の靴下、日除け帽、日焼け止めクリーム.

5、ずっと地面に足を落としてはいけない.前足から着地時に達するまで脚垂直の姿勢、脚を保持しなければならない直線で,頭痛、膝を曲げ、片足を支える足から移行を支え、かかとの接地した時、いかなる時間両足も同時に地上を離れない.

体前後逆に動作作直線に沿って、体や直立姿勢を維持することになるので、両腕を曲げ、両足90° レビトラ 腎臓;配合振り、ペンギンのように見えるように揺れて、特別な様子.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です