92歳の頭痛老人の3度の食事の外の晩は更に3回ご飯をプラスします:食べないで寝ないで

92歳の吉老さんは明るくて、しかし事がずっと心配して、人間の食事の量は加齢とともにますます小さく、私この一年て食べるのが増えたのか、何の病気.クシュさんは.

クシュさんは毎日6回ご飯を食べて、3度のご飯を食べて、夜はまだ食事をして,食べないで空腹で塞がる.彼自身、養老院の他の老人は不思議と思っている.

P夜に3回もご飯を食べて寝ないで寝ないで

吉老先生は藍田人、教師から退いた後に亡くなったため連れ合いは早くて、2002年のじゅう月、彼は彼らの家臨潼区養老院.

1年前、吉さんは急におなかがすいていましたが、食べずに食べてはたまらない.一日に三度のご飯、以前はいくら食べて、やはりいくら食べて、1時も変わらないで、余分に、毎日更に多く更に多く食べないご飯.ゆっくりと、吉さんは、その法則が出てきた.

午後ご時半は敬老院夕食の時間、ご飯を食べて、夜にはち時ごろ、吉老さんのお腹が空いた、彼がものを食べて、午前2時、彼もすいて目が覚めて、そして起き衝時粉ミルクやオート、泡立てにつのマントウを,シアリス通販;朝4時が空いてしまい、彼を探しなければならないものを食べて、食べないが詰まる.これで計算して、毎日固定的な3度の食事、クシュさんは一日に6回のご飯を食べます.

養老院の3度の栄養は比較的に良い、バイキング、老人たちはどのくらい食べても制限されない.昨日午後、吉先生に言って、毎日ご飯の後も、ポケットに乗せていくつかの饅頭、油粕あるいはツイスト持っていって、毎回夜お腹がすいた時、彼は用食堂から连れ出しのこれらの食品に加えて自分が普段買った牛乳、オート、片栗粉する速飢餓、彼もかつて他の老人の食生活状況を観察することで、基本的には一日三食、二度と間食する、私は毎日食べているのは他人の2~3倍で、私も食べないと感じて、多すぎて!」

2014年、吉老さんは病院に行って医師に相談をしたことも、病院で検査した結果、彼の体は表示が大問題だが,このような状況は養老院令のスタッフは驚きを心配し.

P老人は不快に感じないが、家族の心配はなく、pと心配することはありません.Pとは華商記者交流では、吉氏は、はっきりと、話す、非常に興味深い、握手も非常に興味深い.彼自身も、すでに年9歳過ぎて、しかし、聴解は年に1年の外、他の地方は大きな欠点はないと言いました.彼は好き嫌いがなく,頭痛、たまには酒を飲む.

私は今体がこんなに良くて、私は私の心理状態に関して、私はとても楽観的です.」クシュさんは、孫と恋に近い10年の女友達と別れた後、息子と子との息子があることを知った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です