RSウイルス感染症の症状は何ですか?

RSウイルス感染は冬から春にかけて流行し、乳幼児気道感染症の重要なウイルスです。RSウイルスのRはRespiratoryの略で「呼吸の」という意味だということからもわかるように呼吸器系に感染するのウイルスです。シアリス

RSウイルス感染の潜伏期間は4〜6日です。症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々違います。低出生体重児、心疾患、肺疾患、免疫不全がある方は重症化のリスクが 高いといわれています。初めて感染した場合は症状が重くなりやすいといわれており、終生免疫は獲得されないため、どの年齢でも再感染は起こりますが、一般的には年長児以降では重症化はしません。乳幼児期、特に生後数週間~数カ月間にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。

RSウイルス感染症の予防ポイントはに日常生活の健康的な生活習慣などです、手洗いとか、うがいとか、咳エチケットなど対策が有効です。RSウイルス感染症は冬場に流行する、小児、特に乳幼児に多く見られる感染症で、乳幼児では急性細気管支炎、肺炎などの重い呼吸器症状をおこしやすく、呼吸器や心臓に慢性の病気を持つ小さい子どもに対しては特に注意が必要です。レビトラ飛沫感染と接触感染によってうつるため、乳幼児の多い保育園では感染が広がりやすいことがあります。